弁護士に相続財産の調査を依頼するメリット

遺産相続が起こったら、被相続人の遺産内容を調査しなければなりません。相続財産調査の手続きは弁護士に任せるとさまざまなメリットがあります。

 

1.正確に財産内容を調査できる

相続財産を調査するときには、漏れなく正確に調べ上げることが重要です。預貯金や不動産、有価証券など、心当たりの金融機関や証券会社、役所などの関係諸機関にあたって調べ尽くさねばなりません。

自分たちで調べるとどうしても漏れが発生してしまいがちですが、弁護士が綿密に対応すればより正確に財産内容を把握可能です。

 

2.弁護士会照会制度を利用できる

預貯金などの調査をする際「弁護士会照会」の制度が役立つケースがあります。弁護士会照会とは、弁護士が職権でさまざまな事項について照会をかけて調べることのできる制度です。弁護士から照会を受けた機関は、正当な事由のない限り回答すべき義務があります。

弁護士に依頼すると、金融機関や証券会社などの各機関に照会をかけて回答を得ることにより、スムーズに遺産内容の調査を進められます。

 

3.手間を省ける

相続人が自分たちで相続財産調査をするのは大変な手間です。いちいち各金融機関に足を運んで相続人であることの証明書類を提出し、残高証明の交付を受けたり役所で名寄せ帳の開示請求をしたり証券会社に問合せをしたりしなければなりません。

弁護士に依頼したら、こうした調査のための事務はすべて弁護士が行うので、依頼者にかかる負担が大きく軽減されます。日頃忙しく働いている方でも仕事に支障を及ぼす心配がありません。

 

4.遺産目録を作成して渡してもらえる

弁護士が相続財産調査を終えると、結果を「遺産目録」にまとめます。遺産目録とは、遺産内容をまとめた表です。どのような遺産があり、それぞれどの程度の評価額で全体の総額がいくらになっているのかなど、詳細に書いてあります。

自分たちで相続財産調査をしたら自分で遺産目録を作成しなければなりませんが、弁護士に依頼したら頼まなくても交付されるので、受け取って遺産分割協議をスムーズに進められます。

 

5.引き続いて遺産分割協議や調停なども任せられる

相続人調査と相続財産調査が済めば、遺産分割協議を開始しますが、そのとき他の相続人ともめてしまう例が多々あります。

トラブルになったときには相続財産調査を依頼した弁護士に引きつづき遺産分割協議(交渉)や調停などの対応を依頼できます。他の相続人が無理な要求をしてきても弁護士と相談して進めていれば不利になるリスクが大きく低下します。

遺産相続の手続きを行う際、弁護士に相談しながら進めるといろいろなメリットがあるものです。少しでも対応方法に迷いがあるなら、一度弁護士までご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー