交通事故の賠償額が適正か知りたい方へ-賠償金額の無料診断

交通事故に遭うと「どのくらいの賠償金が支払われるのだろう?」と不安になるものです。

相手の保険会社から示談金の提示を受けても、その金額が妥当かどうかわからず受け入れるべきか迷う方もおられます。

今回は、交通事故の賠償金が適正であるかどうかを弁護士が判断する当事務所のサービスをご紹介します。

 

1.適正な賠償金は「法的な基準にもとづく賠償金」

交通事故の賠償金を計算する方法には、いくつかあります。

保険会社が提示する場合には「任意保険基準」という任意保険会社独自の基準によって計算されています。任意保険基準は、任意保険会社が支払い額をなるべく抑えることを考えて作っているので、金額は低くなります。

本当に適正な賠償金は、法的な基準によって計算されたものです。法的な基準とは、裁判の蓄積や研究によって作られてきた基準であり「裁判基準」や「弁護士基準」と呼ばれます。法的な基準で計算すると、多くのケースにおいて任意保険基準よりも賠償金が大幅に上がります。

 

2.弁護士であれば適切に賠償金を判断可能

交通事故の賠償金を計算する際には、「過失割合」も問題となります。過失割合の数値が適正なものになっていない場合には、金額が大きく狂ってしまいます。

法的な基準を正しく理解し過失割合についても適切な割合をあてはめて賠償金を算出するためには、専門的で正確な知識が必要です。交通事故の被害者は、通常法律についての深い知識を持ち合わせていないことが一般的ですから、お一人で交通事故の適正な賠償金額を判定するのは困難となるでしょう。そこで、交通事故の賠償金算定については、弁護士に任せる必要性が高くなります。

特に普段から交通事故を数多く取り扱っている弁護士であれば、たいていの交通事故のケースにおいて、相当程度正確に賠償金を判定できます。

 

3.示談前に無料で相談

弁護士に相談をすると費用がかかることを心配される方もおられます。しかし当事務所では適正な賠償金額を無料で判定しています。

まだ治療中だけれどもどのくらいの賠償金額になるか知りたい方、相手の保険会社の提示する慰謝料や休業損害の金額に納得できない方、相手の保険会社から示談案が送られてきたけれども署名押印して良いか悩まれている方など、どのようなケースでも対応可能です。

いったん示談を成立させてしまったら、やり直しは極めて限定されたケースにおいてしか認められません。その前に弁護士に無料で相談をして、適正な賠償金額の相場を把握しておきましょう。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー