リベンジポルノ総論と法的にできること段階別解説と弁護士ができること |女性弁護士による女性専用法律相談窓口

若井綜合法律事務所 法律相談 女性専用窓口

平日・土日祝 9:00〜22:00 03-5860-9420

  • 初回相談 無料 0円
  • メールでの お問い合わせ
  • LINEでの お問い合わせ

リベンジポルノ総論と法的にできること段階別解説と弁護士ができること

  • 「軽い気持ちで裸の写真を友達に送ったら、あとでそれをネタに脅迫された」
  • 「彼氏に頼まれて撮ったエッチな映像が、いつのまにかネットにアップされている」

性的な画像・映像をネット上などにばらまくリベンジポルノは、被害者になってしまった女性にとっては深刻な問題です。
現に被害に遭ってしまった、もしくは被害に遭いそうになってしまったら、早めに警察や専門機関に相談しましょう。

目次

リベンジポルノとは

リベンジポルノとは、相手への嫌がらせ目的で、相手が写った性的な画像や映像を拡散する行為をいいます。
一度SNSやインターネットの掲示板でリベンジポルノが拡散されてしまうと、アダルトサイトなどに転載されてしまうおそれもあり、それこそ全世界の人が閲覧できる状態になってしまいます。
日常生活を送るのも困難になり、追いつめられる被害者も少なくありません。
リベンジポルノは隠し撮り画像を使って行われることもありますが、カップルが交際中に双方合意の上で撮影したものが使われることもあります。
二人の関係が順調なうちはよいのですが、その後関係がこじれた際に脅迫の材料として使われたり、自分を振った相手への恨みからネット上にばらまかれたりするケースもあります。
自分の性的な画像や映像を交際相手が持っている場合は注意が必要です。

被害に気づいた場合にやるべきこと

リベンジポルノの被害は被害者自身、あるいは被害者の友人・知人が気づいて発覚するケースも珍しくありません。
画像の拡散が進むと被害が大きくなりますので、被害に気づいたら早めに行動を開始することが重要です。

証拠を保全する

まずは画面のスクリーンショット、掲載先のURL、拡散したアカウントといったリベンジポルノの証拠になりうるものを集め、保存します。
被害に遭った方にとってはつらい作業だと思いますが、証拠がなければ警察も動けません。
加害者を処罰するためにも、証拠をきちんと集め、保全することが大切です。

削除依頼を出す

すでにリベンジポルノの拡散が始まってしまっている場合は、セーファーインターネット協会などに連絡し、問題の画像や映像の削除を依頼しましょう。

警察や弁護士に連絡する

リベンジポルノは悪質な犯罪行為です。
被害に遭った場合、または遭いそうになっている場合は警察にも相談しましょう。
加害者に損害賠償を請求する可能性もあるため、一度弁護士にアドバイスを求めてみるのも有益かもしれません。

リベンジポルノ被害に対して弁護士ができること

「リベンジポルノの被害にあってしまった」「元彼に、別れるなら写真をばらまくと脅迫されている」といった事情がある場合、一刻も早く対処する必要があります。
弁護士や専門機関、警察などに相談しましょう。
弁護士に相談した場合、法的知識と専門性をいかしたさまざまな支援を受けることができます。

事前の警告

まだ写真や映像を相手がインターネット上にアップしていない段階であれば、弁護士がリベンジポルノを拡散しようとしている相手に対して警告を行います。
具体的には、刑事罰の対象となること、損害賠償を請求することになると 伝え、法的根拠にもとづいて説得を行うことになります。

関係性の遮断および交渉

被害者に近づかないようにすること、さらにデータを削除することなど被害者の希望に添った内容を主張し、相手方との交渉を行います。

削除・発信者情報開示

すでに画像や映像がアップロードされている場合は、専門機関に削除を依頼します。
さらに発信者情報開始請求を行い、発信元の身元を明らかにしていきます。

加害者への損害賠償請求

リベンジポルノは民法上の不法行為にあたるため、加害者に損害賠償を請求することも可能です。
裁判外での交渉、あるいは裁判といった手段を通して、加害者に賠償金の支払いを求めていきます。

刑事告訴をする場合の被害者支援

刑事事件になった場合も、弁護士がサポートできる場面があります。
刑事告訴をする際は告訴状の作成をお手伝いするだけでなく、提出時には警察への付き添いも行います。
また裁判になった際の付き添い、マスコミ対応なども任せることが可能です。

リベンジポルノは早期対応が重要に

リベンジポルノは被害にあった女性を一生苦しめかねない卑劣な犯罪行為です。
画像・映像がネット上にアップされる前に対処できるのがベストではありますが、アップ後についても削除依頼などで対応することもできます。
「人に相談するのが怖い」「恥ずかしい」と感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、リベンジポルノについては一刻も早く対応することが被害の拡大防止につながります。
弁護士には守秘義務があり、相談した内容は外には漏れません。
秘密厳守で対応いたしますので、一度お話だけでも聞かせていただければと思います。

その他のコラム

営業先での強制わいせつ

セクハラによる被害は職場内だけでなく、取引先との間でも起こります。   「取引先との接待の席で身体に触られた」 「取引先の社長にホテルに誘われて、断りきれなかった」   もしこのような事態に巻き込まれたら1人で悩まず、早めに勤務先や弁護士に相談しましょう。   取引先がセクハラの加害者になるケースは珍しくない 取引先によるセクハラ被害が発生する

性暴力総論と法的にできることにはなにがあるか

性的な言動により、相手の心や体を傷つけることを性暴力といいます。性暴力にはセクハラ、痴漢、望まない性行為などさまざまなタイプがあり、また女性・男性どちらも被害者になり得ます。さらに、夫婦間や恋人同士の間でも性暴力が成立するケースもあります。 ここでは性暴力にはどんなものがあるのか、さらに性暴力の被害について法的に何ができるのかについて解説します。「自分は被害者かもしれない」「自分の家族や友人が被

一般社団法人セーファーインターネット協会入会のお知らせ

「元カレに送った性的な画像・映像がインターネット上に出回ってしまった」 このようなリベンジポルノ被害に遭ってしまったら、まずは問題の画像や映像を削除することを優先的に考えましょう。 セーファーインターネット協会のセーフラインに通報するなど、今からでも被害の拡大をくい止められる方法があります。 もしもリベンジポルノ被害に遭ってしまったら リベンジポルノの被害については、本人が自分で問題の画像

リベンジポルノ防止法についての解説

リベンジポルノは犯罪です。 加害者には民法上の不法行為責任でなく、刑事責任をも問うことができます。 ここでは、リベンジポルノを規制するリベンジポルノ防止法の内容、さらによくある被害事例について解説します。 もしも被害に遭ってしまったら、被害の拡大を防ぐためにも早めに警察や弁護士に相談しましょう。   リベンジポルノとは 相手への嫌がらせのために、相手の性的な画像や動画をインタ

リベンジポルノ相談件数最多!SNSのみの友人・知人にも裸写真を送信、転送してしまう若者たち

リベンジポルノの相談件数は、年々増加しています。 恋人や友人に軽い気持ちで送った裸や下着姿の写真、あるいは性的な行為をうつした動画を悪用され、苦しんでいる女性が増えているのです。   リベンジポルノの相談件数が増加中 リベンジポルノとは相手への嫌がらせなどの目的で、相手の性的な 写真や映像を拡散する行為です。 一度SNSやネット上にアップされた画像や動画は拡散し、アダルトサイ