リベンジポルノ防止法についての解説 |女性弁護士による女性専用法律相談窓口

若井綜合法律事務所 法律相談 女性専用窓口

平日・土日祝 9:00〜22:00 03-5860-9420

  • 初回相談 無料 0円
  • メールでの お問い合わせ
  • LINEでの お問い合わせ

リベンジポルノ防止法についての解説

リベンジポルノは犯罪です。
加害者には民法上の不法行為責任でなく、刑事責任をも問うことができます。
ここでは、リベンジポルノを規制するリベンジポルノ防止法の内容、さらによくある被害事例について解説します。
もしも被害に遭ってしまったら、被害の拡大を防ぐためにも早めに警察や弁護士に相談しましょう。
 

目次

リベンジポルノとは

相手への嫌がらせのために、相手の性的な画像や動画をインターネットに掲載して拡散する行為をいいます。
アップロードされた画像や動画はSNSを通じて拡散し、さらにアダルトサイトや海外のサイトに転載されることもあるため、一度インターネット上に画像が出回ってしまうと深刻な被害を招くおそれがあります。
三鷹ストーカー殺人事件をきっかけに社会問題化し、これを受けてリベンジポルノを規制する「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」(リベンジポルノ防止法)が制定されました。
 

リベンジポルノ防止法

リベンジポルノ防止法では、「私事性的画像記録」(私的に撮影された性的な画像や写真)を不特定多数の人に拡散したり、拡散目的で第三者に提供したりする行為が罰せられます。
 

リベンジポルノに該当するもの

リベンジポルノで規制される対象は、「私事性的画像記録」です。
具体的には次のようなものがあげられます。
 

性交や性交に類似する行為をする人を撮影したもの
セックス中の姿、オーラルセックスをしている様子などを撮影したものがあてはまります。
 
自分が相手の、または相手が自分の性器等に触る行為の様子を撮影したもので、性欲を興奮させまたは刺激するもの
相手の性器、乳首などに触れている様子を撮影したものが該当します。
 
衣服の全部または一部をつけない人の、性器等の性的な部位を露出または強調した状態を撮影したもので、性欲を興奮させまたは刺激するもの
裸や下着姿を撮影した写真や映像があてはまります。
ポイントは、これらがプライベートで撮影されたものであるということです(なお撮影対象者に無断で撮影されるケースもあるため、撮影にかかる同意 の有無は関係ありません)。
したがってグラビア 写真やアダルトビデオ のようにもともと第三者に見られることを前提として撮影されたものは該当しないということになります。

 

リベンジポルノ防止法違反の類型

上記の要件を満たすデータをインターネット上に公表する行為をした者、公表等をさせる目的でデータを提供した者については罰則が科せられます。
 

公表罪

第三者が撮影対象者を特定できる方法で、上記の条件を満たす性的な画像や映像(私事性的画像記録(物))を不特定多数または多数人に提供または公然と陳列した場合は、公表罪に問われる可能性があります。
法定刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
 

公表目的提供罪

性的な画像や映像を公表させる目的で他人にデータを提供した場合は公表目的提供罪が成立する可能性があります。
この場合の法定刑は1年以下の懲役または30万円以下の罰金です。
 

加害者を他の罪に問える場合もある

なおリベンジポルノについては、リベンジポルノ防止法 違反以外の犯罪が成立するケースもあります。
性的な画像や映像を撮影・拡散する行為は、名誉毀損罪やわいせつ物頒布等の罪に該当する可能性があります。
そして18歳未満の子供が撮影対象者だった場合は児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ所持・提供・製造等罪) として刑罰が科せられます。
 

よくある被害事例

リベンジポルノに使われる可能性がある性的な画像や映像については、交際中の男女間で双方同意の下に作成されることもあり、男女トラブルに絡んで問題になることも少なくありません。
ここでは、よくある被害事例と対処法を簡単に紹介します。
 

(元)交際相手に脅されている

「彼氏と別れようとしたら、交際中にとったエッチな写真をSNS上にばらまくぞ、と言われました…」といった場合、早急に弁護士や警察に相談することをおすすめします。
性的な写真をネットにばらまく等と脅す行為は、人の名誉に対する害悪の告知といえるものであるため、刑法上の脅迫罪に該当する可能性があり、それだけで刑事事件化することも可能です。
弁護士に警告してもらったり、警察に介入してもらったりするなどして、画像や映像が出回る前に手を打ちましょう。
 

セックス中の様子を隠し撮りされたかもしれない

隠し撮り行為は恋人間はもちろん、悪質なナンパやレイプなどでも問題になることがあります。
過去には、ナンパと称して部屋に女性を連れ込み、多量のアルコールを摂取させて抵抗不能にしてレイプした事件がありましたが、そのときも女性が被害を訴えられないように、暴行の様子を隠し撮りしておく手口が使われました。
「隠し撮りされたかもしれない」と思った場合は早めに弁護士や相談機関に相談しましょう。
 

リベンジポルノの被害にあった、あるいは遭うかもしれないとお悩みの方へ

リベンジポルノは卑劣な犯罪行為であり、ターゲットとなった女性の心に重大な傷を残す行為です。
こうした場合、弁護士に介入してもらうことで被害の拡大を防げる可能性があります。
弁護士には守秘義務があるため、相談した事実は誰にも漏れません。
もし被害に遭うかもしれない、現に遭っている、という場合は1人で悩まず、お話を聞かせていただければと思います。

その他のコラム

営業先での強制わいせつ

セクハラによる被害は職場内だけでなく、取引先との間でも起こります。   「取引先との接待の席で身体に触られた」 「取引先の社長にホテルに誘われて、断りきれなかった」   もしこのような事態に巻き込まれたら1人で悩まず、早めに勤務先や弁護士に相談しましょう。   取引先がセクハラの加害者になるケースは珍しくない 取引先によるセクハラ被害が発生する

改正後におけるストーカー規制法について

ストーカー行為は犯罪です。 ストーカーについては年々厳罰化・処罰範囲の見直しが進み、今では改正ストーカー法の成立によってオンライン上で行われるストーカー行為についても規制できるようになりました。 現在ストーカーの被害に苦しみ、悩んでいる方は警察や弁護士などに一度相談してみることをおすすめします。   改正ストーカー規制法とは ストーカー規制法はストーカー行為を規制し、特に悪質な

ストーカー総論と法的にできること段階別解説と弁護士ができること

しつこい待ち伏せやつきまとい、オンライン上での迷惑行為などに悩まされていませんか。 これらの行為はストーカー行為として、法律の規制対象になります。 証拠があれば警察も動いてくれる場合もありますので、早めに相談されるとよいかもしれません。 ここではストーカー行為の被害に遭ったときにやるべきことを紹介します。 そのストーカー行為、法律の力でやめさせられるかも ストーカー行為は、つきまとい等を

元カレは変態、性行為中の暴力で怪我

「元カレが性行為中に暴力を振るう人だった」 「いやがっているのにむりやりセックスされた」   もしこのようなことがあったら、信頼できる誰かに一度相談してみましょう。 セックスは当事者双方の同意に基づいて行われるべきものですし、たとえ同意があったとしてもいやがる相手に暴力的なプレイを強要するのは問題です。 相手への愛があったとしても、それは決して許される行為ではありません

性暴力総論と法的にできることにはなにがあるか

性的な言動により、相手の心や体を傷つけることを性暴力といいます。性暴力にはセクハラ、痴漢、望まない性行為などさまざまなタイプがあり、また女性・男性どちらも被害者になり得ます。さらに、夫婦間や恋人同士の間でも性暴力が成立するケースもあります。 ここでは性暴力にはどんなものがあるのか、さらに性暴力の被害について法的に何ができるのかについて解説します。「自分は被害者かもしれない」「自分の家族や友人が被