弁護士・司法書士紹介

弁護士・司法書士紹介

代表弁護士 若井 亮(わかい りょう)

若井亮 弁護士

略歴

  • 早稲田大学第一文学部卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院修了
  • 東京弁護士会所属
  • 一般社団法人 詐欺・不当要求対策協会 代表理事

注力分野

  • 不当要求対策
  • 詐欺被害対策
  • 男女トラブル
  • 債権回収
  • 刑事事件
  • 外国人事件

保有資格

  • 行政書士

使用言語

  • 日本語/英語

講演・セミナー実績

  • 全日本労働問題研究会主催セミナー
    「解雇・退職のトラブルとその防止策」
  • 株式会社TMR主催セミナー
    「不当要求対応の基礎」
    「犯罪組織によるマネー・ロンダリングと投資詐欺への法的処置」
    「取り込み詐欺の法的処置」

メディア実績

  • 株式会社小学館運営メディア「@DIME」に取材協力
  • 株式会社ダイヤモンド社運営メディア「ダイヤモンド・オンライン」に取材協力
  • フジテレビ「とくダネ」でコメントが紹介されました
  • 月間「サイゾー」に取材協力
  • 株式会社CBCテレビ・INCLUSIVE株式会社運営メディア「CUCURU」に取材協力
  • 株式会社角川アスキー総合研究所運営メディア「ASCLL.jp」に取材協力記事が転載されました
  • 執筆記事がエキサイトニュースに転載されました
  • 執筆記事がBIGLOBEニュースに転載されました
  • 執筆記事がInfoseekニュースに転載されました

法曹を目指した経緯

大学を卒業し、事業会社にて人材紹介業に携わっていたのですが、そこで扱う案件において労働トラブルに遭遇しました。法律のことをほとんど知らなかったため、紛争を前にして何もすることができず、自分が無力であることを痛感したのを覚えております。あの時、少しでも法律を知っていれば紛争化は避けられたはず、との思いから漠然と弁護士への道を歩み始めました。

仕事を辞め、借金をしながら目指す法律家の道は平坦なものではありませんでしたが、振り返って考えると、弁護士として重要な素養であるタフネスを養えたと思っています。

仕事をするうえで大事にしていること

法律は知っているか否かだけで大きく結果が変わることが多々あります。そのため、ご依頼いただいた方にはもちろん、ご相談だけという方に対しても、法的なアドバイスのほか弊所に関わって良かった思っていただけるよう、何らかの「価値」を提供することを心掛けております。紋切り型の弁護であれば、どの弁護士に依頼をしても変わりません。普通の弁護士が敬遠するようなトラブルや諦めてしまうようなトラブルにこそ、自分が関わる意味があると考えております。

皆さんへのメッセージ

法的なトラブルというと、ほとんどの方が馴染みのあるのものではなく、大きな不安にかられることでしょう。一日でも早く不安から解放されたいとお考えになると思います。

弊所では、通常の法律事務所で対応できる案件はもちろん、他の事務所では相談や依頼を断られてしまったという案件についても、法律家として皆さまのためにできることはないかを考え抜きます。

パートナー弁護士 小師 健志(こもろ たけし)

小師健志 弁護士

略歴

  • 中央大学法学部卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院修了
  • 東京弁護士会所属

注力分野

  • 慰謝料請求/被請求
  • 不当要求対策
  • インターネット関連トラブル
  • 企業法務・顧問
  • 刑事事件
  • 遺産相続
  • 任意後見

使用言語

  • 日本語/英語

講演・セミナー実績

  • 株式会社ナウい主催セミナー
    法律専門家・現役弁護士からの事例に学ぶ「トラブルになりやすく気をつけるべき男性の傾向とリスク回避術」

メディア実績

  • TBS「グッとラック!」出演
  • TBS「Nスタ」取材
  • テレビ朝日「スーパーJチャンネル」取材
  • 弁護士ドットコムの法律相談に回答

法曹を目指した経緯

もともと専門的な知識をもとにした仕事をしたかったのですが、高校時代に担任の先生が自宅を建てられ、その際に「法律が絡んできて結構大変だった」という話をされ、法律に興味を持ちました。

すぐに学校の図書館へ行き、本を調べていくうちに、そうした大変な思いをされた方を支えるには弁護士がもっとも適切だと思うようになりました。

仕事をするうえで大事にしていること

弁護士がついているとはいえ、事件が終わらない状況がつづくことは依頼者様の大きな負担となりますので、事件を素早く、しっかりと解決させることを大事にしております。

また、基本的に仕事を最優先に位置づけております。家族サービスでどうしてもご対応できない場合以外はご連絡がとれる態勢をとっております。

皆さんへのメッセージ

当職がお受けしたご相談で解決に至らなかった事件はほとんどございません。いま抱えておられるご不安やお悩みついて解決の糸口をご提供できるかと思いますので、お気軽にご相談くださいませ。

パートナー弁護士 澤田 剛司(さわだ たけし)

澤田剛司 弁護士

略歴

  • 日本大学法学部卒業
  • 専修大学法科大学院修了
  • 東京弁護士会所属


注力分野

  • 慰謝料請求/被請求
  • 男女トラブル
  • 国際・外国人
  • 刑事事件


保有資格

  • 行政書士

使用言語

  • 日本語/英語

メディア実績

  • 株式会社キュービック運営「わたしの弁護史」より取材を受けました

法曹を目指した経緯

社会正義実現のため

仕事をするうえで大事にしていること

紛争を抱えた方のストレスを軽減していただくために丁寧かつスピーディーな対応を心がけております。

皆さんへのメッセージ

不安や心配を抱え込んだままでは、日常生活もままなりません。お一人であれこれ思い悩むよりも、まずは弁護士に相談してください。弁護士が介入することで解決できることはたくさんあります。どんなことでも遠慮なく相談してください。弁護士の力を借りて、1日も早く生活の質を取り戻してほしいと願っています。

弁護士 小菅 哲宏(こすげ あきひろ)

略歴

  • 一橋大学法科大学院修了
  • 第一東京弁護士会所属
  • 弁護士業務改革委員会第1部会(税務部会)所属


注力分野

  • インターネット関係
  • 企業法務・顧問
  • 相続
  • 税務争訟

保有資格

  • 税理士

使用言語

  • 日本語/英語

法曹を目指した経緯

弱者のために役立つ仕事をしたいと考えたからです。

仕事をするうえで大事にしていること

お客様の権利保護を第一とすることを心がけています。

皆さんへのメッセージ

お客様のために寄り添い、最善の結果に向け努力を怠らず解決に向け邁進します。

弁護士 伊東 貴弘(いとう たかひろ)

伊東貴弘 弁護士

略歴

  • 慶應義塾大学法科大学院修了
  • 第二東京弁護士会所属
  • 労働委員会所属


注力分野

  • 労働
  • 知的財産
  • 不動産
  • 企業法務・顧問
  • 相続
  • 刑事


保有資格

  • 二級知的財産管理技能士

使用言語

  • 日本語/英語/スペイン語

講演・セミナー実績

  • 一般財団法人対日貿易投資交流促進協会主催
    “輸入ビジネス…知らずに権利を侵害しないために「商品販売時に注意!著作権について知ろう」

書籍

  • 輸入ビジネスと知的財産権(ミプロ著作 監修を担当)

法曹を目指した経緯

法律を初めて学んだ際に、どのような立場の人でも等しく権利が保護されることに感銘を受け、その法律を使った仕事をしたいと思ったため。

仕事をするうえで大事にしていること

表面上の法的な問題にとどまらず、依頼者の要望や不満を汲み取るようにすること。

皆さんへのメッセージ

企業の方も個人の方も、別け隔てなく、ご不安な点を解消できるように誠実かつスピーディーに対応するように心がけております。忌憚なくお話ください。

弁護士 吉岡 一誠(よしおか いっせい)

吉岡一誠 弁護士

略歴

  • 関西学院大学法学部卒業
  • 甲南大学法科大学院修了
  • 東京弁護士会所属


注力分野

  • 慰謝料請求/被請求
  • 男女トラブル
  • 刑事

法曹を目指した経緯

大学在学中,親族や友人など身近な人が法的トラブルに巻き込まれた際に,話を聞いてあげることしかできない自分にもどかしさを覚えたことが,弁護士を目指すきっかけとなりました。

仕事をするうえで大事にしていること

ご依頼者の方が一刻も早く平穏な生活を取り戻すことができるよう,スピード感を持って仕事をすることを心がけています。

皆さんへのメッセージ

法的トラブルが発生した場合に,当事者間で話を進めてしまうことや,時間が経過してしまうことで,状況がより悪化してしまうことがあります。「些細なことだし,わざわざ弁護士に相談する必要はないかな」「とりあえず自分で対応するから今はまだ弁護士に相談しなくても良いかな」などと思わずに,早い段階で,お気軽にご相談ください。

弁護士 鳴海 裕子(なるみ ゆうこ)

鳴海裕子 弁護士

略歴

  • 北海道大学法科大学院卒業
  • 東京弁護士会所属

注力分野

  • 慰謝料請求/被請求
  • 男女トラブル
  • 相続
  • 不動産


保有資格

  • 夫婦カウンセラー

法曹を目指した経緯

学生時代、親族が法的紛争に巻き込まれ、弁護士に助けてもらったことがあります。相談者に寄り添い、迅速に事件を解決した弁護士の姿に憧れ,自分も弁護士を目指そうと考えました。

仕事をするうえで大事にしていること

ご依頼者様の抱えている不安や悩みに寄り添い、ご依頼者様にとってより良い、総合的な解決ができるよう、丁寧にヒアリングすることを心掛けています。

皆さんへのメッセージ

法的トラブルは一人で抱え込んでしまうと、次第に不安や悩みが澱のように積もって、心を蝕んでしまいます。不安や悩みを抱えた方が一日も早く元気を取り戻せるよう、事件解決のための心強いパートナーとして、全力でお手伝いをしたいと考えています。困ったときには、お気軽にご相談ください。

弁護士 松平 和茂(まつだいら かずしげ)

松平和茂 弁護士

略歴

  • 早稲田大学高等学院卒業
  • 早稲田大学法学部卒業
  • 専修大学法科大学院卒業
  • 東京弁護士会所属


注力分野

  • 相続・民事信託
  • 不動産関連事件
  • 債権回収
  • 企業法務・顧問


使用言語

  • 日本語/英語

業務スタンス

自然体で気さくに依頼者の方に接することを,常に心がけています。
依頼者の方がリラックスしてご相談いただけるよう,当事者目線でご対応いたします。弁護士が一緒に深刻になっても,幸福な解決はやってきません。相談者の方が,不幸を笑い飛ばすくらいの明るい気持ちで相談を終えられるよう,心がけています。
また,私は,「弁護士は参謀だ」と思っています。
依頼者の方の希望を実現するためにはどうすべきか,常にゴールから逆算して戦略を立案します。ここに,弁護士としての価値があると思っています。時間をかけて協議し,依頼者の方と一緒にベストな解決策を模索いたします。

仕事をするうえで大事にしていること

これまで,交通事故や債務整理(個人・法人),貸金返還請求といった,市民の身近なトラブルを多数扱う事務所に在籍していました。
同時に,アメリカの著名ミュージシャンのライセンスを扱う会社における内紛事件や,国内最大手のコンビニエンスストアを相手どった損害賠償請求事件など,大型事件に携わる機会にも恵まれました。刑事事件においても,無罪判決を獲得しております(検察官控訴断念により確定)。
現在も様々な事件を取り扱っておりますが,特に「相続・高齢者問題」に力を入れています。
これらの分野は,横断的な知識が必要なことはもちろん,他業種との連携が必要なケースが多くあります。私は,司法書士や不動産業者と連携しておりますので,ワンストップでの対応が可能です。
また,相続に関連して,民事信託を活用するスキーム作りに力を入れております。「将来の相続トラブルを防止したい,でも遺言では対応できない」といったケースでも,信託制度を導入することで解決が可能な場合があります。
私は,弁護士は過去の清算だけでなく,未来の創造にも関与すべきと考えております。そのためにお力になれることがあります。
ぜひ,お気軽にご相談ください。

弁護士 近藤 健介(こんどう けんすけ)

近藤健介 弁護士

ご挨拶分

この度、若井綜合法律事務所に入所いたしました、弁護士の近藤健介と申します。
紛争には様々な形があるものの、それを法律論で片づけることはさほど難しいことではありません。しかし、多様なゆえに必ずしも依頼者の満足とは一致しません。法律に詳しくない依頼者の皆様がいかに満足できるかは、法律の専門家である弁護士が、依頼者の真のニーズをいかに汲み取れるかにかかっていると思います。
私は、一般歯科の歯科医師として、20年以上に亘り臨床に携わってきました。延べ数万人の患者様と信頼関係を構築してきた経験を活かして、依頼者の真のニーズを汲み取り、紛争解決に尽力したいと思います。

略歴

  • 日本歯科大学卒業
  • 立教大学法科大学院卒業
  • 第一東京弁護士会


注力分野

  • 不当請求
  • 男女トラブル
  • ストーカートラブル
  • 労働紛争
  • 刑事弁護


保有資格

  • 歯科医師

法曹を目指した経緯

私が法曹を目指したのは、勤務先での医療トラブルを目にしたことがきっかけです。担当医は真摯に診療にあたっていましたが、残念ながら患者様の期待した結果が得られず、双方代理人の弁護士を立てて交渉を行っていました。担当医は自分の弁護士から和解を勧められていましたが納得できず、弁護士との話し合いの後も不満を口にしていました。私は、その様子を見て、法律家の言葉を歯科医師に翻訳できるような存在が必要なのではないかということと、自分が同様の紛争に巻き込まれたときに、知らない、わからないでは済まないのではないか、と強く思いました。そこで、まずは法律を知りたいと、素人向けの法律書を読み始めたのがきっかけです。

仕事をするうえで大事にしていること

私は、依頼人と一生の付き合いをする覚悟を持つことを最も大事に考えています。これは、歯科医師として患者様を診療する際にも心掛けていることです。もちろん、法曹として正しい判断をすることや、自分の言葉が依頼人に正確に伝えること、その結果、依頼人が満足することが前提としてありますが、一生の付き合いをする気概を持つことで、自然とそれらの目的は達成されることが多いと感じています。

皆さんへのメッセージ

誰でも最初から他人に自分の秘密を話したりすることはありませんし、弁護士に相談するなんてハードルも高いでしょう。でも、もし周りに相談できず、相談しても解決できず、自分ではどうにもならないと思った時には、弊所にご連絡ください。お力になります。

ネット誹謗中傷で悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士によるネット誹謗中傷の無料相談を受け付けております。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。