結婚詐欺の代表的手口と詐欺師の5つの特徴。アナタの恋人は大丈夫?

多くのテレビドラマや映画の題材として取り上げられている「結婚詐欺」は、実は誰もが被害に会いやすい詐欺の1つです。

ドラマや映画の中に登場する結婚詐欺の事例は、決してフィクションの中だけの話ではありません。

事実、2017年の2月に捕まった結婚詐欺師は、大阪府でインターネットのサイトで知り合った女性医師2人から4000万円以上をだましとっており、一見すると騙されにくいように感じる「医師」であっても、詐欺師の手にかかれば「コロッ」と騙されてしまうのです。

「もしかして、結婚詐欺なんじゃ……?」と今、自分が詐欺被害にあっているかもしれないと疑っている方は、まずは結婚詐欺の特徴とその手口を知り、自分の恋人と照らし合わせることから、はじめましょう。

詐欺被害に強い弁護士に無料相談
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での無料相談を受け付けております。
  • まずは詐欺被害の相談だけしたい方でもお気軽にご連絡ください
  • 詐欺の返金実績が豊富な弁護士が親身誠実に対応させていただきます

結婚詐欺の手口とその流れ

結婚詐欺の手口は、さまざまなパターンがあるように思えますが、基本的には、古今東西この以下のような流れで行われています

  1. 好意があるフリをして近づいて来る
  2. 恋人関係になり、結婚をちらつかせる
  3. 急に「親が事故で」「事業に失敗して」など、理由をつけてお金を借りようとする
  4. 恋人が借りるお金がどんどんと増えていく
  5. 借りたお金を返すことなく、ある日突然いなくなる

この王道とも呼べる結婚詐欺の手口についてもう少し詳しく見ていきましょう。

STEP1. 好意があるフリをして近づいて来る

婚活でなかなかいい人に出会えない…、適齢期も過ぎたし早く結婚したい…、そう焦っている中で突如としてアナタの目の前に理想の彼が登場し好意がある態度で接してきます。

イケメン、高収入、高学歴、あなたに優しい、結婚に前向きな考えを持っているなど、全て揃っていないにせよ女性を惹きつける何かしらの要素を持ち合わせています。

そして、ターゲットであるアナタを言葉巧みにアナタをその気にさせて、あっという間に”アナタの恋人の地位”を確保します

STEP2. 理想の相手を演じ、結婚をちらつかせる

彼はアナタと何回かデートを重ね、まさに理想の相手のように振る舞います。

レディーファーストでお金払いも良く、今まで付き合ってきた男性にはないような刺激的なデートや、高価なプレゼントを贈ってくれることも多々あります。

このように本当に最高の彼氏を演じ、アナタの心を完全に掴み、彼なしではいられないまでに精神的に依存させます

そして「2人が結婚したら~」とか「君と結婚したいな~」と結婚をちらつかせて来るのです。

STEP3. 突発的な事情が生じ、お金を借りようとする

「恋人関係になり、結婚をちらつかせる」の段階で、アナタの心は相手ににとらわれてしまい、「もしかして結婚詐欺かも……?」と思い浮かべることすらできなくなっています。

しかし、彼等はアナタの気持ちとは裏腹に、投資した分のお金を回収する段階に入ります。さすがに「この人、怪しい……」と思わせるほど、大きく態度は変化しませんが、それでも少しずつその態度は変わっていきます。

少し冷たくなったり、会える時間が減ったり。そして、ついに「親が事故で」「事業に失敗して」と嘘をつき、急にアナタにお金を貸してくれるように、お願いしにくるのです。

冷静な状態であれば「結婚詐欺に引っかかるなんて、バカだ」と思ってしまうかも知れません。しかしこの段階では、すでにアナタの心は理想的な恋人である結婚詐欺師にぞっこんです。冷静に判断することが出来ない状況にあるため、嘘を嘘と見抜くことができません

すでにアナタは、結婚詐欺師の手のひらの上。 「あの人のために、お金を用意しなきゃ!」と自分が騙されている可能性は一切考えず、ただ恋人を救うために、自分のお金を理想的な恋人に、貸してしまうのです。

STEP4. 借りる金額と頻度が増えてくる

「恋人を助けた」そう思っているアナタは、お金が返ってくることを信じています。或いは「どうせ結婚するから、これぐらいしょうがないよね」とお金が返ってくることを期待しません。

残念ながら恋人にお金を貸すこと、貸したことに対して疑問に思わない時点で、アナタはもう結婚詐欺師の術中に肩どころか、頭のてっぺんまで、どっぷりとハマってしまっています。 結婚詐欺師は「これ幸い」と詐欺の術中にハマったアナタに対して、マラソン選手のラストスパートのように、お金を借りるスピードと金額を加速度的に増やして行きます

  • 「会社が倒産しそうだから~」
  • 「親の病気が再発して~」

などなど、さまざまな理由をつけてアナタからお金を借りようと試みるだけでなく、こちらが「お金を貸さない」という態度を取ると暴力を奮ったり、泣き落とししてきたり、ありとあらゆる方法でお金をだまし取ろうとします

そして、結婚詐欺師は「このお金は、絶対に返すから」とお金を返すことを約束します。

ですが、もうお分かりの方も多いかとは思いますが、「このお金は、絶対に返すから」という言葉は嘘ですし、たとえお金が返ってくることがあっても、返ってくる金額は、ほんの少し。貸したお金の総額からすると微々たるモノしか返って来ません

最終的にアナタの有り金をすべて奪うように、借りられるだけお金を借りて、結婚詐欺師は最後のステップに進みます

STEP5. 借りたお金を返すことなく、ある日突然いなくなる

結婚詐欺師は、借りるだけお金を借りて、ある日突然いなくなります。 その逃げ足の速さたるや、びっくりするほどです。

突然連絡が取れなくなって、住んでいた所に行くともぬけの殻。 携帯電話も通じないし。勤め先に問い合わせても「そんな人いません」「すでに会社をやめました」と、こちらもすでにもぬけの殻。もう二度と、あの人と会えることはないでしょう。

結婚詐欺師が愛していたのは、アナタではなく、アナタが持っていたお金。彼らは、お金がなくなったアナタを、まるで味のなくなったガムのように、無情にも捨て去るのです。

結婚詐欺師の特徴と見極め方

「私の彼、もしかして……」とまだ付き合っている相手が結婚詐欺師か、そうでないかの確信が持てない場合は、まずは彼らのの特徴を知りましょう。

1.理想的な恋人・結婚相手である

結婚詐欺師の特徴として、まず上げられるのが理想的な恋人・結婚相手であるということです。

カジノのディーラーよりも、イカサマ師の方がカード捌きがうまいように、結婚詐欺を成功させるために人生のすべてを賭けています。だからターゲットをひっかける前の仕掛けには気を使います。

この段階では、絶対に獲物を逃がさないために、その人が望む恋人像を演じるというのが結婚詐欺の最初の手口です。

1-1.理想的な恋人・結婚相手と結婚詐欺師をどうやって見極める?

結婚詐欺師と運命の人をどうやって見極めれば良いのでしょうか?

これは非常に難しい問題です。 なぜなら男性にしろ、女性にしろ理想的な相手が目の前にあらわれてしまったら「私の白馬の王子様はこの人だ!」と夢中になってしまうからです。

それに彼らのほとんどはお金をだまし取ろうと思っている相手のことを入念にリサーチし、相手の好きな相手になりきることで、お金をだまし取ろうとします

このように幾重にも罠を仕掛け。 獲物が罠に引っかかったら、獲物の皮を剥ぐかのように全財産を奪い取ろうとする――というのが、結婚詐欺師の怖いところなのです。

ここまで幾重にも罠を仕掛けてくる相手をアプローチされている段階で看破するのは、非常に困難です。

とりあえず少女漫画の世界のように白馬の王子様はいないという悲しい現実を見つめながら自分にとって理想的過ぎる相手は「もしかして……」と疑ってかかるようにしましょう

2.お金を持っている

「結婚詐欺を行うぐらいだから、貧乏なのでは?」と思いがちですが、彼らのほとんどはお金持ちを装っているし、実際、ある程度のお金は持っています。

現代日本の男女が結婚相手を選ぶ重要な基準の一つが”お金”である以上結婚詐欺師もお金を持っているように装っているのです。

仕掛けの段階でターゲットに逃げられないために、何かにつけて奢ってくれたり、プレゼントをくれたり、全身をブランドもので揃えている……などわざと羽振りが良いフリをしていることも多々あります。

「結婚詐欺師はお金をもっていない!」という先入観にとらわれてしまうと、逆に相手の思う壺なので、いくらアプローチしてきた相手がお金持ちだったとしても、警戒を怠らず、細部まで注意するようにしましょう。

2-1.結婚詐欺師は本物のお金持ちにはなれません!

お金持ちを装っている結婚詐欺師と、本物のお金持ちをどうやって見分ければ良いのでしょうか?

彼らだって、お金をだまし取ろうと本気です。 まるで本物のお金持ちのように、良いものを贈ってくれるし、高級レストランにだって連れて行ってくれます。しかし、細かい部分まではお金持ちにはなれません。 よくよく観察してみると結婚詐欺師には、お金持ちにはない”アラ”が見えてきます

  • 乗っている車がレンタカー
  • 財布や腕時計が偽物
  • 靴にお金をかけていない
  • 財布の中に入っているクレジットカードが普通

本物のお金持ちは自前の高級車を乗りこなします。 間違ってもナンバープレートにレンタカーを示す「わ」や「れ」ナンバーがつくことはありません。

もちろん、本物のお金持ちは細部にもこだわるので、財布や腕時計が偽物なんてことは、まずありえません。またその人となりを判断する靴も、やはり良いモノをはいています。

そして、一番わかりやすいのがクレジットカードの種類です。 カードの色が普通なモノが多いそもそもクレジットカードを持っていない(定職についていないから)場合すらあります。

こういった細部をよくよく観察してみると、意外に「この人、本当にお金持ちなの?」と疑ってしまう部分が出てくるので、たとえアプローチされている相手がお金持ちと思われるタイプだったとしても、過信せず「偽物のお金持ちかもしれない」と疑ってかかるようにしましょう。

3.本当の自分を隠す

結婚詐欺師だって、生まれてからずっと詐欺師になるために生きてきたワケではありません

今は結婚詐欺師として多くの人から大金をだまし取っている人間にも、子どもの頃や犯罪を犯す人になる前の人生があったのです。さすがの詐欺師も自分の過去を完全に隠すことまではできません

だから、あえて自分の過去をアナタには知られないようにします。 「結婚前に親にあわせて」と言っても、はぐらかす。 「うちの親は海外にいるから」「親とは仲が悪くって……」と、頑なに親とあわせないケースも少なくありません。

また彼らが紹介する親や友だちも本物の友だちではなく、お金で雇った売れない劇団員や同業者だったりする場合があり、たとえ親や友だちを紹介されたとしてもそれが本物ではないケースもあるのです。

親や友だちに会わせないだけなら、まだ結婚詐欺師とわかりやすいですが、お金で雇った相手を使われたお手上げです。

3-1.結婚詐欺師の過去を暴け!

今つきあている相手が結婚詐欺師か、そうでないかを判断するためにも相手の過去を詮索しましょう。本来であれば相手の過去をズケズケと詮索することは、褒められたことではありませんが、相手の過去を調べず結婚詐欺師だと知らないまま、お金をだまし取られるよりは、マシです。

後ろめたいことではありますが、あえて「お父さんとお母さんの誕生日いつだっけ?」と答えにくい質問をしたり、探偵を雇って結婚調査をしてもらったりすることで、今つき合っている恋人の過去を丸裸にすることができます。

「最後の恋だから……」と、今つきあっている相手を、最後の恋人にしたいと思うなら、その気持を利用されないように、しっかりと相手の過去を詮索してください

4.結婚を急ぐ

「結婚したい!」と思っている男女は、その気持が強すぎるがゆえに、結婚詐欺師にその気持を利用されてしまいます。特に結婚適齢期を過ぎた30代以上の男女は「この人を逃したら、もう結婚できないかもしれない」という気持ちが強く出過ぎてしまうがゆえに、彼らからの「結婚しよう」という言葉に、コロッとだまされてしまいます。

それまで恋人に対して、多少なりとも警戒していたのにもかかわらず、恋人の口から「結婚しよう」と言われた瞬間にそれまで見えていた恋人のアラを自分の”勘違い”と思い込んでしまい、結婚詐欺師のことを信じ切ってしまいます

恋は盲目とはよく言ったものですが、結婚詐欺の被害にあう人は、例外なくその心理をつかれ、お金をだまし取られてしまっています

婚活などを行っていると、結婚を前提でのお付き合いをしているからこそ「結婚したい」という言葉を素直に受け取ってしまいがちですが、もしかするとその言葉は彼らの文字通りの”殺し文句”かも知れません。

4-1.あえて結婚を焦らして結婚詐欺師を見極めよう!

結婚詐欺師にとって、狙ったターゲットから逃げられてしまうのは、大損害です。彼らの狩りは「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ではなく、どでかい獲物を一本釣りするマグロ漁業型です。

お金を持っている人物に狙いを定めて、その人の好みを調べ上げ一本釣りする、という彼らにとって、文字通り"逃げた獲物は大きい"のです。

いくら同時進行で、他の女性にも結婚詐欺を働いていたとはいえ、何度も失敗が続くと彼らにとって大損害。そういった損害を減らすためにも、結婚詐欺師は早く成果を上げたいわけですが、ここであえてこちら側が焦らすと、あの手この手を使って結婚を迫ります

たとえばプレゼント攻撃だったり、今まであわせなかった恋人の友達に急にあわせてくれたり、両親にあわせてくれる……など、傍目で見ると「どうして、そんなに急ぐの?」と聞きたくなるぐらい焦って結婚しようとします。

もちろん、本当に結婚したい人の場合も、結婚することが目的になってしまい、焦ってしまうことがありますが、そもそもあなたの気持ちを無視して、結婚を急かす人にに良い人はいません。

相手が結婚詐欺師ではないか、そして自分に本当にふさわしい相手かどうかを見極めるためにも、あえて結婚を焦らしてみるというのも1つの手かも知れませんよ?

5.証拠を残そうとしない

結婚詐欺師にとって困るのは、自分が残した証拠をもとに、警察から捜査され逮捕されることです。

だから、彼らは極力証拠を残そうとしません。免許書や保険証、パスポートといった身分証明書は頑なに見せようとしません。また写真も撮影すると、その写真から足がついてしまうことが考えられるので、「写真は苦手で……」となかなか写真を撮らせてくれないことすらあります。

スマホに送った写真。 1枚のメモ書き。 メールでの文面。これらすべてはすべて警察が逮捕する証拠となり得ます。 だからこそ、彼らは極力そういった証拠を残そうとはしません。もちろん、お金をだまし取った証拠とも言える金銭要求の証拠や、貸し借りの記録も基本的には残しません

普通の他人相手であれば借用書を書かせたり、お金を借りたことを証明出来る書類を作成したりするものです。しかし、「将来結婚する人」にお金を貸すときには、気にしないことのほうが多いでしょう。そういった人間の心理を巧みについて、彼らはお金をだまし取っているのです。

5-1.あえて借用書を書くケースに注意

「結婚詐欺師は証拠を残さない」と言いましたが、中には法律の"穴"をついて、お金を借りた際にわざと借用書を残すケースがあります

なぜ借用書を書くのかというと、借用書を書くことで警察に対して「お金を返す意思がある」と主張することが出来るからです。

詐欺罪として適当されるのは

  • 初めからだます意図がある
  • 錯誤に陥らせた上の金銭要求

この2つの条件を満たしている必要がありますが、彼らが逃げも隠れもせず、借用書を盾に「お金を返す意思があります」と宣言してしまえば、上記2つの条件を満たすことができないため、警察では逮捕することが難しいのです。

ただし、弁護士は、法的根拠にのっとり、粛々とあらゆる手を使って、返金を請求するので諦める必要はありません。

5-2.恋人との思い出は残しておきましょう!

相手が結婚詐欺師の場合、基本的には証拠を残したがらないものです。 だから積極的に2人の思い出を形として残しておきましょう。

恋人との思い出を綴った日記や手紙、ツーショット写真などは、裁判の際に十分な証拠になります。犯罪者を追い詰める武器にもなるのです。

とりあえず万が一のことも考えて、2人の思い出は形にし、積極的に残しておきましょう。

結婚詐欺の特徴チェック表

これまで、結婚詐欺の手口や特徴を紹介してきましたが、ここではそれらを踏まえて結婚詐欺の特徴チェック表を作成しました。

当てはまる数によって、あなたの恋人の結婚詐欺師度レベルがわかります。さっそくチェックしていきましょう。

結婚詐欺の特徴チェック表
  • ①高学歴・高収入である
  • ②頭・顔が良い
  • ③ブランドモノを身につけている
  • ④付き合うまでトントン拍子で進む
  • ⑤羽振りが良く、お金を持っている
  • ⑥理由をつけて写真に写りたがらない
  • ⑦友人や両親に会わせない
  • ⑧相手の友だちに違和感を覚える
  • ⑨免許証を持っていないor見せない
  • ⑩付き合って1年以内なのに「結婚したい」と言われた
  • ⑪金銭要求・貸し借りの記録を残さない
  • ⑫お金を借りる時にわざわざ借用書を書く
  • ⑬メールよりも電話で話すことが多い
  • ⑭お金を借してから連絡がつきにくくなった
  • ⑮会う約束をよくドタキャンされる

いかがだったでしょうか? アナタの恋人に、結婚詐欺師の兆候はありませんでしたか?

結婚詐欺師レベル判定結果

判定結果
  • 0~4個:結婚詐欺師の可能性なし
  • 5~8個:結婚詐欺師の危険度 中
  • 9~15個:結婚詐欺師の危険度 大

チェックが0~4個程度なら、結婚詐欺師でなかったとしても、ありえるケースです。 少なくとも①.②.③だけなら、理想的な結婚相手なので、安心して良いでしょう。

またチェック数が少なくお金を返さなかったり、会う約束をドタキャンしたりする方も残念ながらいらっしゃいます。ここまで来るとダメンズの勢いですが、アナタからお金をだましとる意図はないでしょう……多分。

それでは5~8個チェックがついてしまった場合は、どうでしょう? 要注意ではありますが「絶対にコイツは結婚詐欺師だ!」と断定できるほどではありません。ただ貸したお金が返ってこないようならば次に「お金貸して」と言われても、お金は貸さないようにしましょう。

最後にチェックが9~15個ついてしまった場合。 もはや結婚詐欺師を疑わない方がおかしいレベルです……が、結婚詐欺師にぞっこんだと、相手のアラが見えないことが多く、チェックリストがすべて埋まっても「私の彼は大丈夫だから……!」とあえて、見ないふりをする人もいるので、一端恋人であることを忘れて冷静に相手の行動の意図を考えるようにしてください

結婚詐欺の被害に遭いやすい女性の特徴

結婚詐欺師の目的は”お金”です。

自分の身一つで活動している以上、無駄に時間を費やしてお金にもならないような女性を選びません。

お金を騙し取れる相手かどうかをプロの結婚詐欺師は嗅ぎ分けているのです。

では、どういった女性が狙われやすいのか、その特徴をご紹介します。

    ①人間関係が苦手な人ほど騙されやすい

    人付き合いが苦手で、異性との交流が苦手な女性ほど、結婚詐欺師にとっていいカモです。

    いろいろな人とコミュニケーションを取るのが上手な人であれば、恋人に金を貸すことについて、誰かに相談することもできます。

    しかし、人間関係が苦手で孤立しがちな人は相談相手がいないため、騙されていることを誰からも指摘してもらえません。

    ②理想が高すぎる

    結婚詐欺師の被害にあってしまう方は、結婚相手に対する理想が高すぎる傾向があります。

    誰だって自分が思い描くような、白馬に乗った王子様がいるものです。 しかし、残念ながら私たちの住む世界で、本当に自分が理想とする「白馬に乗った王子様」と出会える可能性は、ほとんどありません。

    また「この人こそ、私の理想の相手だ!」と思ってお付き合いしてみたは良いけれど、現実世界では「まさかこんな人だとは思わなかった」というような、その人の"アラ"が見えてくるのが、一般的です。

    • 「スーツ姿はかっこよかったのに、私服はダサかった」
    • 「お金持ちだと思って付き合ったら、ものすごくケチだった」

    などなど、あなたが待ち望んでいた「白馬の王子様」も人間である以上、どこかに百年の恋も冷めるような瞬間があるもの。残念ながら、理想の白馬の王子様も人間なので、トイレにも行くし、オナラもするし、ゲップもするのです。

    しかし、白馬の王子様の正体が結婚詐欺師の場合は、違います。 結婚詐欺師は獲物を逃がさないように、完璧な白馬の王子様を演じきります。

    もしも、あなたの恋人があなたの理想とする白馬の王子様そのものだった場合、結婚詐欺師の可能性があるので、恋人の一挙一動に注目し、嘘くささや作り物っぽさがないかを確認してください。

    もしかすると、その白馬の王子様が隠している”アラ”は、詐欺師という本物の顔そのものかも知れません……。

    ③過去の交友関係が派手な人ほど、ご注意を!

    過去に何人も恋人がいたような人は、恋愛経験の多さから結婚詐欺師に引っかかりにくいというイメージがありますが、実はそうではありません。長澤さんの事例のように、キャビンアテンダントをしていて、過去にモテまくっていた人間であっても、詐欺の被害にあってしまうことがあります。

    過去に異性関係がお盛んであっても、"今"モテていないのなら、関係ありません。

    特に女性に多いケースですが、なまじ若い頃にモテすぎてしまったがゆえに「私には、もっとふさわしい相手がいる」「このレベルの男じゃダメだ」と男性に対するハードルが高くなっている場合が多々あります。

    男性に対する評価が厳しすぎる女性は「自分は男を見る目がある」と思い込んでいる傾向があり、それゆえ白馬の王子様のような理想的な結婚相手が現れると「コロッ」と騙されてしまうものなのです。

    しかも「結婚に対して夢見がち」な女性よりも、「過去の交友関係が派手な女性」は、過去の経験をフル動員して「イイ女」を装い、白馬の王子様を逃しまいとあの手、この手でその相手をつなぎとめようとします。

    女性側からすれば、相手を夢中にさせるための行為かも知れませんが、その実、夢中になっているのは、自分の方だ――というケースが往々にして少なくないのです。 相手を夢中にさせるつもりが、自分が相手に夢中になってしまい、今お付き合いしている男性に依存してしまう。

    そして、その依存心を上手に利用されてしまうため、過去の交友関係が派手な人、特に女性は結婚詐欺師からお金をだまし取られてしまうのです。

    男性に対する評価が厳しいことは決して悪いことではありませんが、その男性に対する厳しすぎる評価が、結婚詐欺師に狙われやすい隙になるということを、お忘れなく。

    ④結婚適齢期を過ぎて焦っている

    結婚適齢期を過ぎた男女は、結婚に対して焦っています。 「そろそろ結婚しなければ」「周りのみんなは結婚しているのに……」と言った焦りを結婚詐欺師につけこまれるのです。

    結婚に対して焦っている人は結婚の目的が「誰と結婚するか」ではなく、「結婚すること」にすり替わってしまいがちです。

    「誰と結婚するか」が目的の人は、結婚相手をしっかりと吟味するため、詐欺師たちにとって、近づきがたい存在です。こういうタイプの人は、しっかりと結婚相手のことを観察し、交際相手に対しても冷静に判断する傾向があるので、詐欺師は好んで近づこうとはしません。

    しかし、それとは逆に、いつのまにか「結婚すること」が結婚の目的になっている人は、目の前にいる結婚相手を見ずに、結婚後の生活にばかり焦点が当たってしまいます。

    「この人と結婚すれば幸せな結婚が待っている」「この人とどんな家に住もう」など、目の前にいる相手を見ず、その先ばかりを見る人は結婚に対して焦っているため、結婚詐欺師に騙されやすい。

    結婚詐欺師と本物の白馬の王子様を見分けるコツは、目の前の相手を冷静な目で観察することだということを、お忘れなく。

    ⑤婚活パーティーや街コンなどに良く参加している

    結婚詐欺師にとって一番の難関は詐欺に騙されやすい相手を探すことです。 すべての男女が結婚詐欺の被害にあいやすいのではなく、騙されやすい人を結婚詐欺師が見つけて、詐欺を仕掛けるから、結婚詐欺が成立します。

    また結婚詐欺師にとって、お金がない相手は騙し取れる金額が少ないため、旨味がありません。

    だから結婚詐欺師は

    • 結婚詐欺に騙されやすい
    • お金を持っている

    この2つの条件を満たす相手を、苦労して探さなければならないのです。

    しかし、今の時代婚活パーティーや街コンなどに参加すれば、結婚詐欺師は苦労することなく、いいカモを見つけることができます。

    残念ながら、幸せな結婚相手を見つけるための婚活パーティーや街コンは、詐欺師からすれば、「騙されやすい人の見本市」でしかないのです。

    婚活パーティー、街コンに参加する人のほとんどは、結婚に焦っています。 さらにその中でも、結婚適齢期を過ぎて婚活している人は、結婚に対して焦っているし、これまで独身であったことを考えると、お金も持っている可能性が高い。

    だからこそ、婚活パーティーは詐欺師にとっての「騙されやすい人の見本市」なのです。

    結婚相手を探すために、婚活パーティーや街コンに参加する人はたくさんいますが、その中に結婚詐欺師がいる可能性があるということを覚えておいてください。

    被害に遭ったら弁護士に相談を

    結婚詐欺師は、詐欺のプロフェッショナルである前に、異性をたぶらかす正真正銘のプロでもあります。その技術は歌舞伎町のホストにも負けてはいません。

    しかし、ご紹介した手口と特徴、見極め方を知っておけば、今付き合っている相手と照らし合わせ共通点を探すことはできます。共通点が見つかった場合は、まずは冷静にアナタの話を聞いてくれる第三者に相談し、その後の対応を考えた方が良いかも知れません。

    弁護士法人若井綜合法律事務所は結婚詐欺で騙されたときの返金を特に得意としており、また、結婚詐欺の慰謝料請求や刑事告訴など、法的責任をとらせるための手続きも徹底的に行います。

    全国対応で無料相談を受け付けており、低料金で結婚詐欺の返金交渉を誠実に行っております。

    どこよりも気軽に相談できる法律事務所ですので、気構えることなくお気軽にお電話またはメールにてご相談ください。相談する勇気が解決への第一歩です。

    詐欺被害に強い弁護士に無料相談
    • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での無料相談を受け付けております。
    • まずは詐欺被害の相談だけしたい方でもお気軽にご連絡ください
    • 詐欺の返金実績が豊富な弁護士が親身誠実に対応させていただきます

    詐欺でお金を騙し取られた方へ

    弊所では、全国どこからでも24時間、無料相談を受け付けております。

    弁護士に相談したこともないし身構えてしまう…
    騙されたお金を取り返したい…でもどうやって取り戻せばいいのだろう…方法だけでも聞いてみたい。

    そのような方は、当法律事務所にお気軽にご相談下さい。
    気楽なお気持ちでまずは詐欺被害の解決方法だけでもご相談してみてはいかがでしょうか

    詐欺で騙されたお金は時間がたてばたつほど返金させるのが困難になります
    弁護士の立場から、返金させるには”今なにをすべきか”、適切なアドヴァイスをさせていただきます。