タクシー運転手への暴行で逮捕されるパターンと示談の必要性
  • タクシー運転手に暴行してしまった…どんな犯罪が成立するのだろう…
  • 後から警察が家に来て逮捕(後日逮捕)されるのだろうか…
  • 酔っていたから罪にならないのでは…

この記事では、このような疑問や悩みを、暴行事件に強い弁護士がわかりやすく解説していきます。

気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます。
  • 逮捕回避・早期釈放・起訴猶予・不起訴・執行猶予の獲得を得意としております
  • 親身誠実に、全力で弁護士が依頼者を守ります。

タクシー運転手に対する暴行で成立する犯罪は?

タクシー運転手に対する暴行で成立する犯罪としては、

  • 暴行罪
  • 傷害罪
  • 脅迫罪
  • 強要罪
  • 強盗罪

が考えられます。

暴行罪

暴行罪は刑法208条に規定されています。

(暴行)
第二百八条 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

暴行とは人の身体に対する有形力を行使することをいい、タクシー運転手に対する暴行では、

  • タクシー運転手の(背中、頭など)を殴る
  • タクシー運転手の髪の毛を引っ張る
  • タクシー運転手に物を投げつける

など、タクシー運転手の身体に直接触れる行為が典型ですが、他にも、

  • タクシー運転手に唾をかける
  • タクシー運転手の運転席を蹴る

など、タクシー運転手の身体に直接触れない行為も暴行にあたります。

傷害罪

傷害罪は刑法204条に規定されています。

(傷害)
第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

傷害罪は暴行罪の「暴行」に加えて、人に怪我(傷害)を負わせ、かつ、その暴行と怪我との間に因果関係が認められる場合に成立します。

後部座席からタクシー運転手の運転席を蹴ったところ、タクシー運転手の首に急な衝撃が加わり、タクシー運転手に加療約1週間の頚椎捻挫(むち打ち症)の怪我を負わせた、というのが典型例です。

この例からもおわかりいただけるように、傷害罪は、暴行によって結果的に怪我を負わせてしまった、つまり人に怪我を負わせる意図(故意)がなくても成立しうる犯罪です。

暴行罪と傷害罪の違いは?どこから成立する?構成要件や罰則を弁護士が徹底解説

脅迫罪

脅迫罪は刑法222条に規定されています。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

脅迫と暴行はまったく種類の異なる行為ですが、暴行の際にやってしまいがちな行為です。

脅迫とは、タクシー運転手の生命、身体、自由、名誉又は財産に対して害を加えることを言うこと(害悪の告知)で、タクシー運転手に対して、

  • 「殺すぞ。」と言う→生命に対する害悪の告知
  • 「痛い目にあいたいのか。」と言う→身体に対する害悪の告知

などが典型例です。

これは脅迫罪になる言葉?ならない言葉?強要罪・恐喝罪と何が違う?

強要罪

強要罪は刑法223条に規定されています。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

強要罪はこれまでに解説した「脅迫」又は「暴行」によって人に義務のないことを行わせるなどしたことによって成立します。

  • タクシー運転手が謝罪する義務がないのに無理やり謝罪を要求する(強要未遂)
  • タクシー運転手を脅して高速運転させる
  • タクシー運転手に無理やり土下座させる

などが、強要罪(又は強要未遂罪)が成立する典型例です。

タクシー運転手を脅した上で義務ないことをさせる(あるいはさせようとする)点が脅迫罪と異なります。

強盗罪

強盗罪は刑法236条に規定されています。

(強盗)
第二百三十六条 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

刑法236条1項による強盗のことを「1項強盗」、同条2項による強盗のことを「2項強盗」といいます。

1項強盗

暴行又は脅迫により、

  • タクシー運転手から金銭を奪い取った
  • タクシー運転手がひるんだすきに金銭を奪い取った

などが、1項強盗罪が成立する典型例です。

2項強盗

2項強盗は暴行又は脅迫によって金銭(財物)ではなく、利益を得た場合に成立します。

そのため、暴行又は脅迫によって、

  • タクシー料金を支払わずに逃走した

などという場合に2項強盗が成立します。

酔っていた場合は罪にならない?

飲み会の後、帰宅する際にタクシーを利用するという方も多いでしょう。そのため、タクシー運転手に対する暴行の際にはお酒に酔っていて、酔いがさめた際にはタクシー運転手に暴行を加えたことを覚えていないという方もおられます。

では、タクシー運転手に暴行を加えた記憶がないからといって罪には問われないかといえば、答えは「NO」の場合が多いです

ここで問題なのは、タクシー運転手に加えた際に罪に問える能力(責任能力)が備わっていたかどうかです。もちろん、本当に備わっていなかったのであれば争う必要があります。

しかし、多くの場合は、タクシー運転手やタクシーに乗り込む前に一緒に行動していた人の証言をはじめ、タクシーに搭載されている車載カメラなどから、タクシー運転手に暴行を加えた際に能力が備わっていたことを示す事情(たとえば、支離滅裂ではなく論理的な話をしていたなど)が明らかになってきます。そうすると、もはや「酔っていた」、「事件当時の記憶がない」という理由で罪を免れることは難しくなってきます。

泥酔で暴行しても逮捕されることも!「記憶にない」は不利益になる?

タクシー運転手への暴行で逮捕されるパターン

タクシー運転手に対する暴行での逮捕には現行犯逮捕、通常逮捕、緊急逮捕の3通りがあります。

現行犯逮捕されるパターン

タクシー運転手に暴行を加えた後、タクシー運転手から警察に通報され、警察官が現場に駆け付けた際にその場にとどまっていた場合は現行犯逮捕されることがあります。

後日逮捕(通常逮捕)されるパターン

また、現場から逃走するなどして、その場で現行犯逮捕されない場合でも後日逮捕されることもあります。自分でタクシーを呼んだ場合は携帯電話番号の履歴から、他の人に呼んでもらった場合は一緒に行動していた人や飲食店従業員の証言から、あるいは車載カメラなどから身元が判明します。

緊急逮捕されるパターン

前述した罪のうち、強盗罪だけは緊急逮捕できます。緊急逮捕はひとまず逮捕状なしに身柄拘束し、後日、発布を受けた逮捕状で正式に身柄拘束する逮捕のことです。現場から逃走したものの、警察官が現場周辺を捜索していたところ、被疑者と思われる人物を発見したため緊急逮捕するというパターンが考えられます。

逮捕されるとどうなってしまう?

警察に逮捕されると警察署内の留置場に収容されます。釈放されるまでは留置場が生活の場となります。

留置場内での生活は集団生活で、自由やプライベートはありません。日常生活を送ることもできなくなります。

もっとも、逮捕後は警察官、検察官、裁判官の3者から事件のことで話を聴かれる機会を設けられ、そこで逃亡のおそれがない、罪証隠滅のおそれがないと判断された場合には釈放されます。一方、逆の判断をされると身柄拘束は継続し、最終的には勾留されてしまいます。

勾留期間ははじめ10日間で、その後、最大10日間まで延長されることもあります。ただ、この勾留期間中でも釈放されることがあります。

タクシー運転手と示談する必要性

タクシー運転手に対する暴行を認める場合は示談するのが先決です。逮捕前に示談できた場合は逮捕を回避できる可能性が高くなります。

逮捕されても示談できれば早期釈放や不起訴処分となる可能性が高くなります。強盗罪など重い罪を犯して起訴されてしまった場合でも、量刑が軽くなる(実刑ではなく執行猶予となる)可能性が高くなります。

もっとも、逮捕された場合は直接示談できませんし、逮捕されなかった場合でも加害者との示談交渉に対応する被害者は少ないです。仮に、応じてくれた場合でも交渉がうまく進展しないでしょう。

そこで、示談交渉は弁護士に任せた方が安心です。適切な内容で示談してくれますし、示談の結果を逮捕回避、早期釈放、不起訴処分などにつなげてくれます。

気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます。
  • 逮捕回避・早期釈放・起訴猶予・不起訴・執行猶予の獲得を得意としております
  • 親身誠実に、全力で弁護士が依頼者を守ります。
刑事事件に強い弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による刑事事件の無料相談を受け付けております

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に刑事事件の解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

逮捕の回避・早期釈放・不起訴・示談を希望される方は、刑事事件に強い当法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。